ZEHに関する取り組み

ZEHに関する取り組み

ZEH(ゼロエネルギーハウス)とは?

外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの住宅 を言います。

日本国政府が定めた「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」においては、ZEHの実現・普及について、

2020年までに、標準的な新築住宅でZEHを実現
2030年までに、新築住宅の平均でZEHを実現

という目標値を国が設定しています。
すぎはら建築工房も国の指針に従ってZEHの普及拡大に努めています。

これまでと今後の普及率目標と実績

目標  2016年度   0%   実績  2016年度  0% 
    2017年度 16%       2017年度 20%
    2018年度 16%
    2019年度 32%
    2020年度 50%

具体的なZEH普及策

(1)ZEHの周知・普及に向けた具体策
①自社HPにて断熱性能の高い家のメリットに関する記事を掲載するなどして、エネルギーを無駄にしない家づくりの周知・普及に努めている。
②お客様とのご相談の際にZEHについて説明を行い、家づくりの参考にして頂いている。
③見学会の際に、ZEHについての説明を記載したパネルを展示し、お客様の目に留まるようにしている。


(2)ZEHのコストダウンに向けた具体策
①夏の日射遮蔽や冬の日射取得など、設計にパッシブデザインの考えを取り入れ、その土地の立地を活かせるような設計を行っている。
②熱の逃げやすい開口部に断熱性能の高い部材(Low-Eペアガラス樹脂サッシ・断熱ドアなど)を使用し、断熱性能の向上に努めている。
③熱交換換気システム機器を導入することで、エネルギー的にも無駄のない空気循環を行えるように工夫している。


(3)その他の取り組み
①お客様に説明する立場として、ZEHをはじめ様々な講習会に参加し、正確な情報を提供できるように努めている。
②社員だけではなく協力業者にも、断熱気密その他必要な知識を習得してもらうために勉強会を開き、より良い施工を提供できるように努めている。

マイベストプロ
メールでのお問合せ