地球環境に住宅ができること

わたしがいま行動しているのは

「わたしは将来、自分の孫から、


 手を尽くす時間が残っているうちに、

なぜ何もしなかったの?


 と聞かれたときに困らないように、
いまから行動しているのです」


「温暖化の事実に、政治家が何もしないのに、学校に行って何を学べるというの?」

「気候のための学校ストライキ」中のトゥーンベリさん


15歳の少女が、気候変動に対する大人たちの無策を訴えて、毎週金曜日、国会議事堂前で、ストライキを行っています。

スウェーデンのグレタ・トゥーンベリさんです。

彼女のことばに耳を傾けると、建築に関わる私たちとしては、

もっと情報を伝えなくてはと心を動かされ、このページをアップしました。


わたしたちは「地球温暖化」という言葉を使っていますが、

その実態は、「地球灼熱砂漠化」なのです。




道行く人にメッセージを伝えるトゥーンベリさん

各国要人にメッセージを伝えるトゥーンベリさん

国連本部での重要な気候サミットに参加するため、ヨットで2週間にわたる大西洋横断航海の末、ニューヨークに到着するトゥーンベリさん



「あなたたちは子どもたちを愛していると言いながら、
子どもたちの未来を奪っているのです」



↓COP24でのこの発言は、刺さります↓・・・・・・・・Youtubeの画像はこちら




真実を語れない未熟なみなさんが


その負担を子どもに課しているのです



普通の人々こそが真の力を発揮できるのです



            ・・・


使っていないコンセントを抜く、レジ袋をもらわずエコバッグを使う、etc.

生活のなかで、エコ意識が高まってきている中で、

性能がよくない住宅による無駄は、まだよく理解されていないと聞きます。


(ちなみに、レジ袋を毎日1枚断ることによるCO2削減は、

年間約5.8㎏だそうです。

一方、住宅で生活することによる排出量はトンの単位(約4.5t)

出典:家庭からの二酸化炭素排出量(2017年度)


身近な単位になおすと、45キロのうち58グラム減らせるってこと・・・

ダイエットで考えると、効果としてはかなり微妙・・・


あ、もちろん、CO2と気温上昇の関係を疑問視する声もなくはないですが

「とやま環境フェア2019」でもらってきた気象庁のリーフレットでも

言い切っちゃってます↓


まあ、少なくとも

暖房費・冷房費かけて

家の外の空気を

あっためたり涼しくしたりしてるって状況は

誰もうれしくないし、賛同もできないでしょう。



少なくとも、これから建てる、リフォームする、のであれば、

断熱性と気密性を十分高めておくことです。


健康寿命にまで関わってくるのですから、

小さなエネルギーで、温度差が小さい、

快適な状態で暮らせるようにしておくことです。



イニシャルコストをかけて、

高性能な住宅にしておけば、

暖房や冷房のエネルギーを家の外にばらまかずに済みます。


少しの光熱費で、家の中の温度差も少なく、

快適に、長く、健康寿命を楽しめるのです。


長く健康に暮らすほど、結局、費用も安く済みます。

高性能な住宅にしておかない理由は

どこにも見つかりません・・・




「あと、5年かそこらしか住まない予定であれば、

冬は暖房バンバン焚いて、夏も冷房ガンガンかけて、

そとの空気をあっためたり、冷やしたりする分が多くても、

まあ、いいんじゃないでしょうか。ほんとに、5年ほどなら。

でも、そういうつもりで新築やリフォームすることは、少ないでしょう。」

(↑老後が心配?・・・より


全然、だめですね。

5年間だとしても、地球環境には、良くないです。

ありえない例示とはいえ、

こんなこと、文字にするようじゃあ、だめなんだということを、

気づかせてもらいました。


学校に行ったって、自分たちが大人になるころに、

地球自体が普通に住めないところになっているかもしれない・・・

トゥーンベリさんの、気候のための学校ストライキ

その問いに本当にちゃんと答えられる大人って、

どのくらいいるんでしょうか・・・


自分にできることを先延ばしにしない。

少なくとも、そういう責任は果たしたいと思います。




TEDで講演するトゥーンベリさん

(YouTubeに飛びます)


2019年の涙の抗議が「怖い」という声が
一部ネットにあがっていますが、それは
背景をまったく知らないからだと思います。

背景が分かりやすいと思うので、
←こちらもご覧ください。(11分ほどです)


「2078年には私は75歳の誕生日を迎えます。

子どもや孫がいたらその日を共に過ごしてくれるかもしれません。

みなさんのことを尋ねるかもしれません。

2018年ごろに生きていた人たちのことを。

まだ行動を起こせる時間があったのになぜ何もしなかったのかと尋ねるかもしれません。

今すぐ行動するかどうかが、私の全人生と子どもや孫の人生に影響するんです。」(7分26秒のところから一部引用)


2014年にすでにこうしたスピーチがなされていたのですね。

わたしたちは目を覚まさなければいけないと、
改めて思いました。

知らなければ、行動のしようもありませんが、

知ったうえで、行動しないのは、グレタさんから「悪」と言われてもしかたありません。


マイベストプロ
メールでのお問合せ