現場レポート

 

2023.01.19

明けましておめでとうございます。

昨年の10月から取り組まさせて頂いていた、K様邸が完成しました。



羽目板で作られた勾配天井は開放感があり、木のぬくもりを感じられます。

こちらのお家では、リビングと寝室に採用されています。

寝室の窓からは、綺麗な田園風景と山並みを覗くことが出来ます。

2022.12.30

作業所にて、餅つきを行いました!

つきたてのお餅は熱くて大変でした!

今年一年ありがとうございました!

来年も宜しくお願い致します!


2022.11.1

K様邸の気密測定を行いました!

家内の空気を機械で外に出すことで、隙間がある場合そこから外の空気が入り込んできます。

この隙間(C値)を出来るだけ小さくするのが大切です。

結果は、C値(住宅における相当隙間面積)は0.064㎠/1㎡でした。

C値が1.0を切れば十分高気密住宅といわれるので、かなり高気密なお家に仕上がりそうです!

かなり良い数値結果に、気密測定業者さんにも凄いです!と言って頂けました!ありがとうございました!


ちょうど雲が流れていきました・・・(天窓は施工にも温熱的にも経験が必要です。やみくもに設計しませんよ)

お隣の花壇に春が来ています・・・

チューリップのお目見えももうじき

中では、ちょうど一服タイム・・・
LDKで車座になってます。頭の上には、変化をつけた天井が見えます。
部分的に勾配天井になっているんです。

壁の向こうは脱衣室、その右に見えているのはユニットバスの引戸です。
よーく見ると、画像のうえのほうに、青い横線が引いてあります。このときはちょうど、仕上げラインをどこにするか、が話に出てました・・・
写っているままで行くか、青い線で仕上げるか・・・

ボードをあててみると、一目瞭然でした。青ラインで仕上げたほうが、断然すっきりしますね。
長年、毎日、目に入るところです。
ちょっと手はかかりますが、ストレスの少ない、気持ち良い空間を作り出しましょう。

仕上の細かい部分は、こんなふうに、現場で実際に確認しながら進めていくこともあります。

さらに20日ほどで大工仕事は、ほぼ完了(2022/3/28)

外壁も仕上がり間近です・・・


屋根葺き工事中(2022/3/8)

中に入ってみると、あれ?柱のところどころにオレンジ色の・・・これは汚れ?

いえいえ、この高さまでちゃんと防蟻処理されているというマークです。シロアリに有害で人に無害なタイプ(ホウ酸)を使っています




お家の形がだいぶはっきりしてきました。

手前ポーチ部分と奥の住宅部分の屋根の重なりがわかるでしょうか・・・(2022/3/4)

また新たなお家の建前です(2022/3/1)

半分、屋根の形が見えてきて

全容が見えてきました。平屋のお宅です。

メールでのお問合せ