本物の健康住宅

〝本物の〟健康住宅

家と健康について考えてみると、

  • 「体で感じる温度・湿度」
  • 「体に取り込む空気」

質が良いことは、本物の健康住宅を考える上で必須の要件だと思います。

  • 室内の空気の温度=体感温度ではない
  • 冬になると死亡率が上昇する日本
  • 健康な相対湿度とは
  • 24時間換気がなぜ義務付けられたのか

etc.
皆様に知っていただきたい事実がたくさんあります。

すぎはら建築工房はこうした事実と真摯に向き合い、
性能とコストのバランスを考えて吟味した素材・工法を用いて、
〝本物の〟健康住宅をつくっています。
 「健康と断熱と気密」をアップしました。


◆断熱性が発揮されるには、気密性が高くなければ片手落ち

(上記コンテンツは少しずつ充実させていきますので、各論については今は「工事中」とさせてくださいm(u_u)m )


とにかく、すぎはら建築工房は、

ヒートショックともシックハウスとも無縁で、

本物の素材だけが持つ安らぎに満ちた住空間を提供しています。


なぜ、すぎはら建築工房が無垢の木や自然素材にこだわるのか・・・

なぜ、すぎはら建築工房が無垢の木や自然素材にこだわるのか・・・

木は、自然が生み出した天然の素材。

夏は高温多湿。冬は厳しい寒さと乾燥。そんな日本の気候風土に「木」は最適な住宅素材です。

木の優れた断熱性は、夏涼しく、冬暖かいという心地よさを提供 してくれます。

ジメジメした季節には室内の湿気を吸い、乾燥した季節には水分を放出する自然の調湿作用も備えているため、室内の湿度管理にも一役買います。

また、天然の無垢材は、材そのものに人体に害になるような化学物質などを含んでいないので、小さなお子さまのいらっしゃるご家庭でも安心です。

そして何より、本物の自然素材の味わいは心の奥底にまで響くものです。

  • 見た目に心地よい
  • 肌触りがよい
  • 香りがよい
  • 質感、風格がある
  • 木の床は適度な弾力があり、衝撃を吸収するので膝を痛めない
  • 断熱性が高い←熱い味噌汁をすすることができるも木のおわんのおかげ
  • 紫外線の吸収率が高く目に優しい

など、木は多くの優れた特質を持っています。

こんなふうに羅列しましたが、結局、

私たちが心地よくて好きな素材なので、お客様にも提供したい、実はそれだけです(笑)


たとえばあなたが疲れているとき、

目の前にとてもモダンなデザインのプラスチック製のイスと、木のロッキングチェアがあったとしましょう。

あなたはどちらに座りたいですか?

・・・そうです。そういうことなんです・・・

自然が創り出した素材は、その姿が変わっても、ずっとそのぬくもりをもって生きています。

わたしたち人間も生命ですから、生き物同士、深いところで安心を感じられるということなのかもしれません。

もちろん、うわべだけの自然素材でなく、接着剤や下地シートにまで、とことん天然の素材にこだわった自然素材の家ですから、シックハウスに敏感な方でも安心して快適に過ごせる本物の気持ちよさがあります。


マイベストプロ
メールでのお問合せ