南砺市荒木 3世代が仲良く暮らす家

市の道路拡張計画で、長年増築を重ねてきた住み慣れた我が家を建て替えることになったY様。間取りをご自身でじっくりと練り上げると同時に、会社選びにもじっくりと時間をかけられました。

近所で2軒、当社の新築工事があったので、構造や完成の見学会はもちろん、毎日のお散歩がてら、現場を見においでました。完成状態の体感だけでなく、そうした日々の、代表や職人たちとの会話などからも、当社に信頼をいただけたのだそうです。


引いても右奥の車庫までは写りませんが(○´―`)ゞ

植栽はすべて、お施主様ご自身の手によるもの。

大きな石をいくつも並べて曲線の素敵な縁取りを作られたり、とにかく、デザインが玄人はだし!

向かいの旧宅から移植された植物たちが、居心地良さそうにしています。



市の駐車場側から見たところ。また違った表情ですね。

1F寝室にはシャッターをご要望されました。旧宅で、夜に車のライトがまぶしくて困っていたとのこと。長年暮らしてこられた場所(の隣)ですので、何から何まで手に取るようにわかられているうえでの新築ですから、間違いない!です。



旧宅側からの新居の眺め。

広い土間コンクリートに、カーポート。

右手は車庫です。

正面の、柱が並んでいる奥は、

スロープになっています。



玄関ホールです。

ご希望で腰板をはって仕上げています。

ちょうど邪魔にならないところに飾り棚を設けています。

右手に見える三和土は家族用玄関で、さらにその右手、インナーガレージへと続きます。
写っていませんが(○´―`)ゞ)

リビングの一角には

玄関スロープに面した長いカウンター。

外を眺めながら、書き物をしたり、

将来はお孫さんたちが宿題したり、

活躍しそうです・・・

(長戸の外にはウッドデッキがちらっと写っています)


リビングの一部が吹抜になっています。

吹抜は、光を採り入れるだけでなく、

空気の流れを作り、温熱的にも有効に

働きます。

(もちろん、そのように設計されていれば、です)

1階から見上げた様子


2階から見下ろした様子



ダイニングキッチン。

長年使い慣れたこの壁付け型をご要望されました。

家電類は写真中央にちらっと斜めに写っている階段下収納の右手側(たくさん空いている側)にキャビネットを置いて、ダイニングからは見えない収まりになっています。




流しの上あたりに室内窓。向こうの納戸の窓から光を採り入れたいというご要望でした。

納戸側から見た室内窓。


一番奥に見えるのは浴室です。

納戸・脱衣室・浴室が一直線に並び

かつ

玄関ホールやキッチンと回遊できる間取りになっています


家の裏手にもお施主様による植栽が・・・♪ 実は敷地ぐるりと、植栽されています。

それも単に縁取るのでなく、幅や材料に変化を持たせてあり、センスの良さに驚かされるばかりでした・・・ฅ(^ω^ฅ) 





お引渡し後に何度か伺いましたが、そのたびに

「あったかいよぉ!もう薪ストーブ焚く回数も少なくなったわ。すぎはらさんとこにして本当に良かった!」

とおっしゃられるので、こちらも本当にうれしくなります。

厚着してあまり動かないでいるエコより、
薄着で、年中、家じゅう、活動的に暮らせるエコのほうが、断然健康にも良いですから。


当社とお施主様とのお付き合いは、ずっと続きます。

「おかかえ大工」がついてくると思ってください

ฅ(^ω^ฅ) 

建てたお家はずっと見守るのですから、いい加減な施工などできるはずがありません。

こうした点でも、小さな工務店は大きな信頼をいただいています。

メールでのお問合せ